黄砂

黄砂が飛んできている。物干し竿を雑巾で拭いたら、黄色のものが拭き取れた。これって、毎年のことだけど黄砂だと思う。天気予報でも、黄砂のこと言っていたしね。車を路地置きしてた時は、憂鬱だったな。埃と黄砂で、あっというまに青い車が白っぽくなってた。
続きを読む

十分比べてみよう!

古い車を売る時には各自の業者毎に、得意な分野があるものなので、十分比べてみないと、勿体ないことをしてしまう場合もありえます。
必須で2つ以上の中古車の買取店で、照らし合わせて考えましょう。
続きを読む

車を下取りに出すときの知識

大半の、車を売却したいと思っている人達は、手持ちの車を少しでも高値で売りたいと考えを巡らせています。けれども、大概の人達は、買取相場の価格より更に低い値段で車を買取されているというのが実際のところです。
タント 下取り
インターネットの車買取一括査定サービスで、複数社の中古車ディーラーに見積書をもらって、それぞれの業者の買取価格を比較検討し、最高金額の店に渡すことができたら、高値での買取が可能です。
心配せずに、第一弾として、インターネットの中古車査定サービスに、登録してみることをご提言します。信頼性の高い簡単中古車査定サイトが沢山存在するので、まずは利用してみることをご提案します。
続きを読む

車の税金

車の減価償却は、原則として個人事業者の場合は定額法、法人の場合は定率法と規定されています。これは、所轄税務署において変更は可能ですが、届け出ない場合は原則通りに行う必要があります。
一般的に法定耐用年数はナンバープレートが3及び5ナンバーの場合が6年、1及び4ナンバーの場合は、5年とされています。
定額法の場合は、単純に購入金額を使用年数で割ったものが償却費となります。この定額法は、他にも建物などを購入した場合にも適用されます。
次は、定率法ですが、この場合は償却率をというもの使いますが、耐用年数によって決められたもので取得金額にこの償却率を掛けたものに使用年数を掛けることになります。
中古車の場合は基本的には新車と同様ですが、法律で定められた耐用年数が変わってきます。中古の場合やはり耐用年数は、短くなります。
中古資産の場合は、見積もり耐用年数というものを使います。その計算方法は法定耐用年数から経過した期間を引いて経過期間に0.2を掛けたものを加算します。車の減価償却は、原則として個人事業者の場合は定額法、法人の場合は定率法と規定されています。これは、所轄税務署において変更は可能ですが、届け出ない場合は原則通りに行う必要があります。

ベンツ 高価買取

燃費重視

車を選ぶ基準は何ですか?
そんな質問をされたら、以前なら絶対にデザインだと言い切っていたと思いますが、最近では大きく、基準が変わりつつあることに気づいています。そのポイントとなったのは、若干は安くなってきていますが、20年以上前から比較すると倍くらいになっているガソリン代がとにかく生活費に対して負担になっているということです。つまり、燃費を気にして車を選ばなくてはならなくなったということです。
続きを読む