ノートとヴォクシー

家の車はヴォクシーです。息子たちの車は中古のノートです。

息子たちが免許を取り立てで、車に慣れるまでは、
用事を作ってどこかへ行くのに同乗したり、
片道運転したり、ということをよくしました。 続きを読む

売り上げ

現状の販売台数を見る限り世界的に堅調だが今の日本車の
品揃えを見ると、2ドア、3ドアのクーペが大幅に減った。
濃い自動車のコペン、ハイブリッドのCR-Zを含めても
10社にに満たない。90年代の中盤から売れ行きが下がり
車種数も目って、2ドア、3ドアクーペの販売台数は10年間で
最盛期の10パーセント間dえ落ち込んだ。
今の日本車は、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンを除くと
大幅の車種が海外向け。国内需要が下がっても、海外が好調なら
車種の数は保たれる。それでも車種数が減ったのだから海外の落ち込みも大きい。
例えばマツダの初代ロードスターは、1990年の生産台数が9.6万台に達した。
北米で焼く4万台、日本でも2.5万台を売った。しかしそのあとは減少が続き
04年には2.4万台まで下がっている。
14年の売り上げを見ると、北米は1ヶ月に400~500台
日本は50-60台だ。北米の販売台数は90年の10パーセント少々
日本では10パーセント以下になる。

ヴォクシー新古車の賢い買い方

軽の燃費

軽自動車は高性能化と高機能化で人気を高めた。
もっとも注目されるのは燃費で、全高が1600mmを超える
背の高い車種でもJC08モードの燃費は25~30キロメートルだ。
背が低くてボディの軽いアルトエコは35キロ。
5年ほど前に比べると同じ燃料代で1.5倍の距離を走ることになる。
新型の軽自動車に代替すれば燃料代を60~70パーセントに抑えれるため
注目されて当然だろう。
背の高い軽自動車はボディが重く、上り坂で力不足を感じやすいが
ターボ車なら不満は解消する。しかも、低燃費で低価格である。
最大トルクはノーマルエンジンの150-170パーセントに増えるが
燃費は10パーセントしか悪化しない。加えてターボエンジンの価格換算額は
5-7万円と安い。小型・普通車から軽自動車に代替した場合も
ターボなら違和感を感じにくい。
安全装置は赤外線を使った自動ブレーキを伴う衝突回避の支援機能が普及した。
こちらはおおむね作動速度はじそく30キロ以下だだがにんきを押し上げている。

ヴィッツ新古車の賢い買い方

外国のエンジン

日産の心臓部であるエンジンがついに外国製となったのには理由がある。
スカイラインがベンツのエンジンに!!というのは大きな話題となり
NHKも全国ニュースで大きく取り上げたほどだったのは記憶に新しいだろう。
看板車種のエンジンが外国メーカー製になるのは
日本の自動車の歴史上初めてのことであるからで多くの人がとても影響を受けたのである。
しかし、日産とルノーの連合はダイムラーとエンジンを共同開発するなど
のなかでダイムラーはエンジンはエンジン領域の協業は、それぞれに
ブランドアイデンティティーを尊重しつつコスト競争力に目的に進めると表明していた。
今回のスカイラインは、その具現化の国内第一号なのである。
日産が今回と同じ高効率エンジンを自社開発するとなれば
おおむね100億円はかかるといわれている。
開発コストをおさえながらのブランド力を高めるには
ある意味こうするしかなかったのだ。
日産スカイライン200GT-T。他社製エンジンとはいえ
ベンツ製ならイメイジもいいかな

オデッセイ新古車の賢い買い方は?

車の査定を受けるためのコツ

車を売却するときには買い取りしてくれるところでまずは査定をうけることになります。そんな買い取りしてくれるところはいくつもありますが、それぞれに買取店によって価格が異なっているから査定はできるだけ多くのところで受けることがより高く売るためのおすすめの方法になります。できるだけ多く 続きを読む